美白の王様ハイドロキノンって何?

ハイドロキノン,美白

 

美白といえばすっかりおなじみの成分のハイドロキノン。でもハイドロキノンっていったいどんな成分で危険性があるのか?副作用などはあるのか知っていますか?

ハイドロキノンとは

写真を現像している人の手が白くなるという現象から美白に生かされた成分です。ハイドロキノンは人工的なものではなく自然界にも存在する成分でありいちごや麦芽、コーヒーや紅茶にも含まれている成分。アメリカなどでは「スキンブリーチ」などとして古くから浸透していた成分ですが、日本では2001年まで皮膚科・美容クリニックなど医師の処方の元でしか取り扱うことができなかったために人々への認知が遅れたとも言われています。今日では化粧品類にも多く利用されている美白成分です。クリニックでは家庭用ハイドロキノンより高濃度の処方が可能。

ハイドロキノンで本当にシミが消えるの?

一般的な美白商品というと、シミの原因でもあるメラニン色素ができないように阻止するという方法で行われているのですが、すでにシミとなってしまったものは消すことができないのが現状です(´・ω・`)
しかし、ハイドロキノンはメラニン色素の合成を阻止するだけでなく、もうシミにまでなったものを還元して取り除くことができるという点が違っています。

 

ハイドロキノンで期待できるシミの種類は炎症後色素沈着・肝斑(かんぱん)・そばかす(雀卵斑:じゃくらんはん)・日光黒子(老人性色素斑)など。

 

「出来てしまったシミも諦めない」これはが世界的にもハイドロキノンに人気が集中している原因でもあります。

ハイドロキノンに副作用はあるの?

気になるのがそれだけ効果が高いハイドロキノンって危険なんじゃないの?副作用はあるの?ってこと。直接肌に塗るわけだからイクラ効果があっても安全な成分じゃなければ使えないですよね。

 

ハイドロキノンは効果が高い分肌への刺激が強いのは確かです。なので敏感肌やアレルギー体質の人には注意が必要です。ハイドロキノン配合商品を使う時はパッチテストをしましょう。

ハイドロキノンは濃度が高いほど効果がある?

高濃度のハイドロキノンはシミへの効果も期待できますが当然肌への刺激は比例します。

 

薬事法のため市販の化粧品では2%までのハイドロキノン配合の化粧品が主流です。皮膚科や美容クリニックではさらに高濃度のハイドロキノンが処方されています。

 

ただし5%と過度に高い濃度のハイドロキノンは発がん性が動物実験で指摘されているため使用を禁止している国もあります。

 

高濃度のハイドロキノンは個人輸入などでも手軽に買える時代ですが医師の診断なしで高濃度のハイドロキノンの使用は絶対にやめたほうがいいです。

ハイドロキノン以外にも美白で有名な成分は?

日本で代表的な美白成分としてはビタミンCやコウジ酸、アルブチン、ルシノール、コウシ酸、エラグ酸、カモミラET、mトラネキサム酸、エナジーシグナルAMP、マグノリグナン、4MSKなどなど。

 

最近では抗酸化作用のある成分もシミに効果があると日々研究が進められています。ですがハイドロキノンはこれらの10倍から100倍とも言われている効果を持っていると言われ

 

シミ=ハイドロキノンというくらい美白の王様的存在です。

 

アンプルールこれだけはチェック!本音の口コミレビュー(´∀`)b