ハイドロキノンとトレチノイン併用すれば効果倍増?

ハイドロキノン,トレチノイン

 

ハイドロキノンとトレチノインは併用することでシミやニキビなどの肌トラブルに対してより効果的に作用するので皮膚科ではシミやニキビ跡などの肌トラブルを抱えた患者にこれらを一緒に処方することが多いです。

 

ハイドロキノンはチロシナーゼの働きを抑えることで、メラニンの生成を防ぐ効果があるのでシミが新たにできないため高い効果があるといわれます。アンプルールやビーグレンなど市販化粧品にも配合されている成分です。

トレチノインってなに?

ビタミンA(レチノール)の誘導体のこと。アメリカではシワやニキビに効果があると人気の成分。肌の生まれ変わりの周期であるターンオーバーを促進してくれる働きがあり色素沈着の原因であるメラニンを排出できます。

どうしてハイドロキノンとトレチノインを一緒に使うの?使い方は?

ハイドロキノンは肌の漂白剤とも言われている美白効果が高い成分。
そしてトレチノインはターンオーバー促進と肌の再生をサポートしてくれる成分です。

 

ハイドロキノンとトレチノインを併用して使う時は高濃度ビタミンCローションも使います。これは美白効果の高いビタミンCを組み合わせることによってさらに相乗効果を狙うためです。

 

洗顔後、化粧水を付けたら高濃度ビタミンCローションを塗ります。

 

トレチノインはシミの部分にだけ薄く塗り、乾いたらハイドロキノンで一回り大きめに薄く重ねます。

 

これを朝晩1回行い、2〜3ヶ月間続けます。ただし治療中は、ターンオーバーが促進されることで、未熟な状態の角質層が肌表面に露出します。

 

ハイドロキノンはメラニンを作らないように働くため、紫外線から肌を守ることができません。よって紫外線になるべく当たらない生活を送ります。皮膚が向けるなどは治療中に珍しくありませんが、濃度が合っていない人はその程度がひどくなるので、自己判断せず少しでもなにか変だなと感じたらすぐに医師に相談してくださいね。

 

アンプルールこれだけはチェック!本音の口コミレビュー(´∀`)b